子育て世代のひとりごと

小学、中学、高校の子どもの子育てに奮闘中のお母さん世代のつぶやきです・・・

子供がカフェインを摂取すると身長が伸びないって本当?よく耳にする噂について調べてみました!

「コーヒーは大人の飲み物で、子供は牛乳!」・・・これって、私たちが子供の頃よく親に言われた言葉ですよね。

その意味は、単に苦いから子供向きではないというだけでなく、コーヒーに含まれるカフェインは、子供の成長=身長の伸びに悪影響をもたらすからということだと思われます。

f:id:takahon:20171205073221j:plain

 

言われた頃は何となく「ああ、そういうものなんだ」と思っていたので、特に疑問は感じませんでしたし、大人になってからも漠然と「カフェインはあまり良いものではない」と聞いていたので、自分も子供にはカフェインの入ったコーヒーは飲ませてきませんでしたが、そもそもこれって本当なのでしょうか?

 

今回は、よく耳にしてきたカフェインと身長の伸びの関係に関する噂ついて、その真偽を確かめるべくいろいろ調べてみました(#^.^#)

 

カフェインを摂取すると身長が伸びないといわれる根拠は?

カフェインが成長期の子供にとって良くないといわれる理由の一つは、カフェインを摂取するとカルシウムの吸収が阻害されるからです。

もっと詳しくいうと、せっかく体内に取り込んだカルシウムが、カフェインのもつ利尿作用によって骨に吸収される前に他のミネラル成分とともに体外へ排出されてしまうから。

骨の成長にとって主成分であるカルシウムは、相当な量が必要とされるため、その吸収を阻害してしまうカフェインはありがたくない成分ということなのです。

 

しかし、よくよく調べてみると、コーヒーに含まれるカフェインによって排出されてしまうカルシウムの量は微量であり、実はあまり影響はないのだとか(゚д゚)!

コーヒー1杯につき、排出されるカルシウムは、わずか20㎎弱なのだそうです。

ということは、コーヒーを1日に3倍飲んだとしても、排出されるカルシウム自体は50~60㎎程度。

12歳の子供の1日当たりのカルシウムの推奨摂取量が800~900㎎であることを考えると、成長が阻害されるほど影響が出るというわけではないのです。

 

まして、コーヒーは苦みが持ち味の飲み物。

よほどのコーヒー好きではない限り、子供が1日に5杯も6杯もコーヒーを飲むとは考えにくいですよね(^^;)

なので、親が「1杯も飲んではいけません」と目くじらを立てて禁止する必要はあまりなかったのです。f:id:takahon:20171205074119j:plain

 

カフェインが身長の伸びに悪影響を及ぼすというのは本当だった!?

では、カフェインは身長の伸びに特に影響はないということなのでしょうか?

いえ、むしろ、カフェインが子供にとって良くない理由は他にありました。

それは、カフェインの持つ覚せい作用です。

カフェインは刺激物の一種であり、脳を覚醒する作用があります。

 

大人がコーヒーを飲むのは、苦みを楽しむと同時に、頭をスッキリさせたいときなんですよね。

故に、これを子供が多く摂取すると、深い睡眠に陥ることができにくくなり、絶対的な時間とともに睡眠の質がグンと落ちてしまうのです(>_<)

 

既に多くの方がご存知のように、成長期の子供にとって睡眠は成長ホルモンが分泌される非常に重要な要素。

眠りが深ければ深いほど多くの成長ホルモンが分泌されるといわれていますので、この大切な睡眠に支障をきたすカフェインの摂取は、できる限り避けた方が良いということなのです。

f:id:takahon:20171205074649j:plain

 

なので、子供がコーヒーが好きで飲みたがる場合は1日2杯程度にとどめ、夜の摂取は避けた方が良いですね。

 

そして、同時に気をつけなければいけないのは、カフェインが多く含まれる飲み物はコーヒーに限らないということです。

カフェインが含まれるのは何もコーヒーだけではなく、紅茶も緑茶もですし、子供が飲みたがるコーラやココアにもカフェインは含まれています。

特に玉露に至っては、ドリップコーヒーの2倍以上のカフェインが含まれていますね。

また、自動販売機などで購入する市販の缶コーヒーには、家でドリップするコーヒー以上に多くのカフェインが含まれているとの指摘もありますので注意が必要です。

 

カフェインと身長の関係についてのまとめ

昔から「子供にはコーヒーを飲ませてはいけない」といわれてきましたが、その根拠にはカフェインの持つ2つの作用が関係していることがわかりました。

  1. 利尿作用によるカルシウムの排出
  2. 覚せい作用による睡眠への悪影響

 

カルシウムの排出量に関しては、特に大量というわけではないので1日2~3杯程度のコーヒーならば問題はないようですが、覚せい作用の影響の方が心配で、骨の伸長のために成長ホルモンを多く分泌させたい成長期には、質の良い深い睡眠を十分にとらせたいので、夜の摂取は避けるべきと考えた方が良さそうです。

 

また、コーヒー以外にもコーラやココアなど子供が飲みたがる飲み物にもカフェインは含まれていますので、親としては一応チェックして気をつけてあげたいですね。

 

因みに、ココアに関しては、カルシウムが補強された成長サポートドリンクアスミール がおすすめです。

 

f:id:takahon:20171205074909p:plain

 

ココアが好きで飲みたがるお子さんには、こちらをすすめてあげてくださいね(#^.^#)

>>>ココア味の成長サポートドリンク「アスミール」はこちら